不動産投資で失敗しないための秘訣を探る|安心運用法

マンション

事前調査が大切です

立体式が魅力です

不動産

駐車場は都市圏においてはかなり不足の状態と言えるでしょう。特に関東の大都市圏では駐車場はいくらあっても足りない状態です。新しく駐車場経営を考える場合は、立体駐車場などが良いです。工事費用はかなり高くなりますが、雨を防ぐこともできる上に土地の広さ自体はそれほどなくても、高さで稼ぐことが可能です。ただし、あまりにも高い施設になると耐震強度の問題が出てくるので、工事費用と駐車台数の両方を検討してから慎重に判断すべきです。また、雪国の場合は雨だけでなく、雪も防げるということで、さらに需要が高くなるので価値があるでしょう。また融雪を入れると言う方法もありますが、コストパフォーマンスが良いとは言えないので立体式の方がお勧めです。

近隣環境を知ることです

駐車場経営が成功するかどうかはその周辺の状況を把握することが大切です。人が集まる場所で駐車スペースが少ない場所が最も理想です。ただ、そうなると土地代がかなり高くなるので、古いアパート経営などをしている土地を取り壊して、駐車場にするというのは一つの手でしょう。また、工事に関しては地盤の状況も知っておいた方が良いです。都市圏では考えにくいですが、軟弱地盤であることがわかると、その工事費用が一気に膨らんでしまうからです。近隣がもともと田んぼであったり、泥が多い土地だったりした場合は注意が必要です。これらのことを勘案したうえで、年間収入見込みと工事費用を照らし合わせて、どのくらいで元が取れるか考えてから着手するのが良いです。